苦情のご報告

苦情解決について

令和2年6月の苦情・相談・報告

6月は2件ご意見をいただきました。2件とも交通安全に対するものでした。日常から呼びかけてはいることですが、周知徹底を図るためもう一度メールや園だよりにて保護者に呼びかけをしました。

◎1件目

〈ご意見〉

6月11日 小規模保育園保護者より、「この頃、園の約束事として園舎南、天浜線沿い農道北側の一方通行を守らない保護者の方がある。」

〈園の対応〉

12日 園だよりにて「午前8:00~9:30 午後4:00~6:00の時間帯は園前は一方通行です。天浜線沿いを南から園に向かってくるのはご遠慮ください。」と全保護者にお願いをする。

◎2件目

〈ご意見〉

6月19日 地域の方より、「園北側市営団地の間の道路をスピードを出して走る送迎の方がいて危ない。気をつけてもらいたい。」

〈園の対応〉

6月22日 「地域の方より市営団地の間の道路をスピードを出して走る送迎の方がいるので気をつけていただきたいとの声がありました。近くに小学校もあり、公園もあり、子どもたちが道路を渡ることもあります。朝夕の忙しい時間ではありますが、事故になってからでは取り返しがつきませんで。時間にゆとりをもっての送迎をお願いします。」とメールで全保護者に連絡。また26日発行の園だよりでも同様の安全運転のお願いをする。

 

令和元年11月の苦情・相談・報告

一件保護者からご意見がありました。

内容は

①工作などで使用しているトイレットぺーパーの芯について

トイレという細菌が付着しやすい場所で使用しているものでもあるので衛生面からも管理方法について取りまとめ、明確化してほしい。

②登降園時のチャイルドシート着用について

園での声かけは耳にすることはあるが、それでも着用していない方が多い。事故がおきてからでは遅いので改善、徹底されるようにお願いしたい。

というものでした。

園の対応としては

①本園ではトイレットペーパーの芯は制作材料としては使わない。他の制作用の廃材についても保管・収集には気をつける。今回は子どもに伝える。次回に呼びかける際に便りで保護者に知らせる。

②保護者にはチャイルドシート着用を呼びかけているが徹底していない。交通指導員に依頼することも考えたが取り締まりになるとのことだった。しばらくは月一回朝または夕方に職員が指導に立つ。着用していない家庭を記録し、着用を呼びかけるカードを渡す。各クラスでもチャイルド指導着用の大切さを、子どもたちに伝えていく。

以上を行っていくこととしました。

11月18日に申出者と面談を行いご理解いただき、

11月22日の職員会議でも職員間の共通理解を図りました。