9月20日(木)

あいにくの雨ふりになりました。

遊戯室では運動会の練習が行なわれていましたが、保育室では雨の日ならではの遊びの姿がありました。

年少では、ままごと遊びを楽しむ姿がありました。食材は形のあるものだけでなく、見立て遊びがしやすいように、四角のフエルトだったり、毛糸で編んである丸い形の物だったり、それをお弁当箱に詰めながら「おすしだよ」「サンドイッチ」と会話を楽しんでいる様子です。寝ている赤ちゃんの世話について、「ちがうよ。こういうふうにやるんだよ。」と意見を戦わせている姿もあり、年少児なりの育ちを感じます。

 

他のクラスでは新聞紙を使って様々なものを作っていました。手のひらや指先を使ってちぎったり丸めたり、表情は真剣です。

 

年中児のクラスでは、制作コーナーで二人で楽しそうにてるてるぼうずを作っている子もいました。声をかけると、「運動会が晴れになってほしい。」という返事が返ってきました。

 

子どもたちが魚を作り、作られた魚釣りコーナーで池に泳がせる魚の配置を話し合っている姿もありました。

 

年長児のクラスではそれぞれ工夫を凝らして制作を楽しんでいました。

自分の為のおしゃれなバックを作っている子や三つ編みをしている子、三つ編みでブローチを作った子、とその子なりの作品が出来上がっていました。ステキなものばかりでした。

 

他のクラスでは絵合わせゲームにするようにカードづくりをしている子たちがいました。先日先生が作っていたのを見ていて今度は自分たちで作りたいと、段ボールにいろいろな形を抜き型した紙を貼り、話し合いながら役割を分け作っていました。年長児らしい発想。話し合い。友達との協力。学びに向かう力が育まれてきているなと思わせる姿でした。

 

*今日の給食:ご飯・ちくわのマヨネーズ焼き・五目大豆煮・キャベツの梅肉和え・オレンジ