10月4日(木)

今日のあんり 登園直後に見つけた素敵な姿。

3歳児園庭にオジギソウが咲いています。皆さんもご存知の通り、指で触ると葉がお辞儀をしたように閉じる草花です。

バスを降りて年少児を部屋前まで送っていった年中組2人の女の子。オジギソウに触れて、楽しそうに話しています。

「触るとまがって面白いね。」「曲がるとバッタみたいになるね。」等話をしながら何度も葉に触れ遊んでいます。「面白そうだね」と声をかけると、「私ら年少さん連れてきてから毎日ここでこうやってから部屋へ行くんだ。」の声が返ってきました。

こんなところにも小さな発見とあそびがあります。

 

 

お祭りを経験した子も多く子どもたちからは屋台を作りたいという声が上がりました。

各年齢ごとに子どもたちの声をもとに子どもたちの手で屋台づくりが少しづつ始まっています。

年少組では切ったテープでパーツを貼り付けたり、飾りを作ったり、面白い形の屋台ができていました。

 

年中組では昨日の振り返りの中で屋台作りたいけど材料がないという話になり、子どもたちから自分たちが家から持ってくるという声が出て、今日はたくさんの廃材が集まったクラスがありました。

話し合いを通して、子どもたちが自分で考え行動する姿ですね。

どんな屋台ができていくでしょうか?楽しみですね。

 

年長組では年長らしいデザインがしっかりとしてバランスの良い屋台が作られていました。役割を分担して作っています。

 

 

一方ホールでは体操教室が年中組、さくら組、ぼたん組を対象に行われていました。アザラシにみんななりました。子どもたちの体ってしなやかですね。

 

年少も園庭では昨日掘られていた砂場の穴がさらに深くなっていました。外に出たとたん、大きなシャベルを取りに行き、みんなで続きを掘っていました。中に入って気持ちよさそうにする子も・・・・。

 

 

*今日の献立:キッズビビンバ・揚げ餃子・グレープフルーツ