10月23日(火)

今日は曇り空のあんりでした。。

年少組は園庭遊びと製作。園外散歩に行ったクラスもありました。

園庭では先生が鬼になって氷鬼を楽しんでいた子どもたちがいます。運動会を経験して活動量も増え、走るのが早くなりました。先生をタッチして凍らせたり、すぐに氷を溶かすためにタッチして助けたり、園庭をぐるぐるとはしりまわっていました。

 

制作は、折り紙で折ったバッタをのりで貼り付け、クレヨンで足し絵をしました。力強くクレヨンで描いていた子どもたちでした。

 

年中組は園庭ではドッジボールをしたり、おとうさん先生と園庭をかけ回り鬼ごっこをしていた子どもたちもいました。先生とはまた違ってお父さんとダイナミックに遊べるのも子どもたちにとってはうれしいことですね。

 

部屋では少しづつ、発表会にむけての取り組みも始まりました。

 

年長組は昨日の続きでさつまいも堀りの共同画を描いていました。昨日はクレヨンで自分を描く段階だったので、考え迷いながら描いている様子でしたが、今日は絵の具でさつま芋描きだったので、「色が違うよ」とか「私のお芋描くところがない」とか「小さいのがあったね」等にぎやかに話をしながら描き進めていました。年長児ならではの「友達と関わる中で互いの思いや考えを共有し、共通の目的にむけて、考えたり、工夫したり協力したりする。」姿を育んでいくために必要な場面です。これから、年長児は発表会にむけての取り組みの中でも、こういった子どもたちの話し合いの場をたくさん設けていきたいと思います。

 

出来上がった絵です。

 

祭りごっこでの一コマ。

雨が降りそうになると「ビニール掛けないと濡れちゃう!」

年長児・・・さすがです。確実に再現していますね。

 

*今日の給食:ご飯・松風焼き・昆布の煮物・フライドポテト・バナナ