10月11日(木)

今日のあんりでは体操教室がありました。

年長組、れんげ組、ばら組が該当でした。

活動は鉄棒です。年少組はぶら下がりや足抜きまわりをしました。

年長組は逆上がりとサーキットでした。多くの子が逆上がりができるようになっていました。運動会を終え運動能力も育ってきていますね。

 

他、年少組では、少しづつ机上あそびでゲームができるようになりました。楽しんでいたのは「テンポかたつむり」自分のカタツムリを決め、サイコロを振ってふって出た数だけ前に進みゴールを競うという簡単なもの。年少児でも楽しめるゲームです。ゲームをしながら、色や形、数、順番などのルールも学べます。

 

年中組では、落ち葉を使っての貼り絵を楽しんでいた子たちもありました。おじいちゃんの好きなさんまに見立てた子もいました。子どもの想像力って素敵ですね。

 

年中組は、屋台の引き回しをしていたクラスがあったり、室内で遊んでいたクラスでも机上あそびゲーム「ウサギのニーナ」を楽しんでいた子たちがいました。ゲームの内容は巣穴が水没されそうなうさぎをみんなで救い出そうというもの。年少児のやっていたものより少し複雑になっていて、持ち駒のうさぎを手放したり、もらったりのやり取りも加わっています。デジタルゲームばやりの現代ですが、アナログゲームは楽しみながら学べるいろいろな要素があり、園にはたくさん置かれています。

 

年長組は、市からラグビーワールドカップの塗り絵を頂き、(あんりはイタリアです。)国旗を塗っている姿もありました。

 

*今日の給食:ご飯・鮭のレモン焼き・大豆と昆布の煮物・キャベツのおかかあえ・キウイフルーツ

年長児は園の畑でとれた落花生をゆでて食べました。