1月24日(水)

寒い日になりましたね。

今日のあんりでは室内での制作活動を楽しんだクラスが多かったです。

年長組は鬼の折り紙や周りに足し絵をした作品作りや、色上質紙やストローを作った凧作りをしました。凧揚げをするのが楽しみですね。

年中組は鬼のお面をちぎり貼り絵で作りました。続きはまた明日。豆まきの時に鬼にぶつける用の豆を作り箱入れ遊びをしたクラスもありました。

年少組は鬼の顔の制作です。

目も鼻も口も牙もみんな違った鬼の顔。個性的な自分だけの作品ができました。

作品作りの一コマです。切った顔のパーツを貼り付けた直後目をクレヨンで書き入れようとして

こども「せんせー。クレヨンがつかないよ」

先生「どうしてつかないのかな?」

こども(しばらく考えて)「あ、そうださっきのりをつけて紙がぐにゃぐにゃしてるからだ!」

先生「あ、そうか紙がのりで、ぬれててぐにゃぐにゃしてるからつかないんだね。〇君いいことに気づいたね!

見ていた子「じゃあもうすこししてかわいたら描けばいいよね。」

先生・こども「そうだね!」 こども(描いてみて)「できたよ!」

保育の一場面ですが、先生が顔の部分ののり付けと、クレヨンで描くことを一緒にしなければ、子どもたちは濡れたところにはクレヨンはつかないということに気づかなかったでしょう。さらに乾いてからはつくという自分で試した結果からの学びもなかったことでしょう。

あんりではこれからも子どもたちの気づきを促し学びへとつなげていく保育・先生と子供たちの応答的な保育をしていきたいと思います。

 

*今日の献立:ご飯・高野豆腐のふわふわ煮・エビ入りしゅうまい・ほうれんそうとじゃこのおひたし・バナナ

 

◎今日の欠席児

インフルエンザB型16名(乳児1名・年少4名・年中1名・年長16名) インフルエンザ型不明6名 かぜ4名