1月18日(水)

今日は観劇会がありました。

2歳児から5歳児までの園児がホールにて観劇しました。

「なかよし」「ねずみと小判」の人形劇をみました。小さい子から、大きい子まで、夢中になってみました。三味線を使ったり、ミラーボールを使ったり、変化に富んだしかも繊細な表現で、子ども達は引き込まれていました。語りの声もとても魅力的でした。テレビとは違った本物の芸術に触れるとても良い機会だったなと思いました。子ども達の心の栄養にもなったことと思います。