4月10日(月)

花曇りの肌寒い日でした。にぎやかな園生活が始まりました。

年少さんの新入園児は何もかも始めて、トイレに行って遊んでトイレに行って…とアッという間の半日でした。その中で、さすが進級児は泣いている子を気にすることなく自分の好きな遊びに取り組んでいました。これから、支度やあそびで子ども同士の教え合う姿が見られるようになってくるのが楽しみです。

年中さんは、改めて南園庭の遊具の安全な遊び方をみんなで確認し合いました。これから広い園庭で友だちと楽しく過ごしていくれることと思います。

年長さんは、やっと咲いた桜並木に3クラス一緒に散歩に行ってきました。青い帽子の姿が頼もしく見える子どもたちです。